----------

《肩こりにアイロン療法!》



人間の体は体温が1度下がると免疫力が30%落ちると言われています。
体温が下がる事により、血液の循環不良が起こります。
すると全身に新鮮な血液・栄養・酸素を運ぶ事が出来なくなる上に、老廃物が溜まって内臓の機能低下を起こしてしまいます。
これがあらゆる慢性病の元になるのです。
どうぞ皆さんも、このアイロン療法(温熱療法)をマスターして、体の冷えを取って"病気知らず"の体に
なって下さいね!
(大丈夫!!やり方は、とっても簡単です。どなたでもすぐにマスターできますよ!)



使う道具


1、バスタオル×1枚、小タオル×1枚(美顔に使いたい方は小タオルも用意してください。)
2、アイロン(家庭用の普通の洋服用のものでも、大丈夫です。)


◎美顔や細かい部分をやりたい方は、以下のような「裁縫用アイロン」を
購入すると良いですよ!


airon syou.jpg
ナショナル    裁縫こて NI-208F-H (4000~5000円)

TOSHIBA      裁縫こて TA-A20   (4000~5000円)




アイロンの使い方




airon1.jpg①バスタオルの上から、かけたい場所にアイロンをかけます。
(ゆっくりと往復したり円を描く感じでOK!)
ヤケドしちゃうので一か所に止めないようにね!



airon2.jpg②アイロンをかけた場所に手の平を当てます。
(ジーンと奥に熱が浸透するようなイメージで!)



airon3.jpg③再び、そこにアイロンをかけます。
(これを一か所につき、3~5回ほど繰り返します。)
気持ちイイッス~!!





アイロン療法の基本手順


◎これがアイロン療法を行う時の、基本的な手順になります。全身の免疫能力をアップさせ内臓機能を高めるように考えられた場所ですので、どんな症状に対して行う時も(生理痛でも胃の痛みでもガンや難病を施術する時でも)まずはこの基本ポイントを行う事をお勧め致します。
その後は、肩こりの人なら肩を重点的にやっても良いですし、膝痛なら膝周りなど、自分の好きな所にアイロンを当てて構いません。


《基本操法仰向け》


airon kyousen.jpg1、胸腺(胸の中央にある骨のあたり)にかけます。
(胸腺は人間の免疫機能の司令塔です。)



airon kanzou.jpg2、肝臓(右の肋骨下部から脇)にかけます。
肝臓はかなり大きいのでサイドの方までしっかりかけます。
肝臓は身体の組織の合成工場であると共に「解毒の働き」を持っています。



aironsyou tyou.jpg3、小腸(へそ周り)にかけます。
小腸は「第二の脳」とも言われていて、栄養の吸収だけでなく免疫機能にも関係しています。



airon hizou.jpg4、左の肋骨あたりにある脾臓にかけます。
脾臓も免疫に関係ありますね。
☆脾臓は炎症を起こしやすい器官であると言われているので、本当は缶ジュースなどで冷やすと良いのですが、我慢できる限界の「アチチ」を数回繰り返しても実は同様の効果が得られるのです。
(人体の不思議!)



airon kafukubu.jpg5、下腹部にかけます。




《基本操法うつ伏せ》


airon sebone.jpg6、背骨にかけます。
(骨の真上と両側にかけます。)
自律神経の調整になります。



airon senkotu.jpg7、仙骨にかけます。
腰痛や生理痛等の女性器系統の
症状に良く聞きます。



airon jinzou.jpg8、腎臓にかけます。
むくみや水分代謝の問題にも良いです。



airon ashiura.jpg9、足裏にかけます。
頭に血が上らないようにするために、最後にここを温めるようにします。





以上がアイロン療法の基本的なかけ方ですが、肩こりの強い方は次のようなポイントに追加で行うと良いです。


airon kata.jpg《肩から肩甲骨周り》
肩こりの人は、ヤッパリここをやりたいですよね~。
脇の下も、組み合わせてやると良いです。
(そこにもリンパ節があります。)



airon atama.jpg《頭》
かけ方に秘訣があります。
詳しくは当院にいらっしゃった時に担当の先生にお聞きください。



airon kokansetu.jpg《股関節周り》
肩関節や肩甲骨の動きと密接な関係があります。



airon ude.jpg《腕》
肩こりが強い方は腕も凝ってパンパンです。



airon sune.jpg《すね》
「足三里」という生命力をアップさせ、胃の働きを高めるツボがこの辺にあります。
(胃の悪い方は、肩こりになりやすくなります。)


〇〇〇〇

当院の概要
アクセス

JR新宿駅から徒歩10分 大江戸線新宿西口駅から徒歩1分


電話番号

0120-070-600


住所

〒160-0023 新宿区西新宿7-9-15ダイカンプラザ清田ビル505

----------

肩こりとは?

肩こりの原因

おしらせ

当院では月に2回の「日曜診療」を行なっております。
各日にちの担当の先生は以下になります。皆様、どうぞよろしくお願い致します。

《日曜診療》
●2015年
11月15日 宮本啓稔先生担当
11月29日 山本健太郎先生担当
12月20日 山本健太郎先生担当
12月27日 増田安寿先生担当
●2016年
1月17日 増田安寿先生担当
1月24日 宮本啓稔先生担当

《お休み》
●2015年
11月16日 宮本啓稔先生
11月30日 山本健太郎先生
12月 7日 山本健太郎先生
12月21日 山本健太郎先生  
●2016年
1月22日 増田安寿先生
1月25日 宮本啓稔先生