----------

《肩こりの原因》



「肩こりって何が原因で起こるの?」


1、筋肉の使い過ぎ


人間の体の中で、一番はじめにコリが出てくる場所ってどこだか知ってますか?

実は「人差し指と親指の間の"水かき"の部分」なんですよ~。

(ツボで言えば、合谷の辺り、骨の際部分です。)

ここから「コリのルート」に従って、だんだんと


腕の上→肩→肩甲骨→頭→背中→腰→足


という順番でコリができてきます。

そして足裏までコリが到達した後、Uターンしてさらに深層部の筋肉が


足→腰→背中→頭


というように凝ってくる訳ですね。

※これは「横山式筋二点療法の創始者である横山先生」がおっしゃっています。

つまり「肩こりの人」は日常生活で腕の使い過ぎがあって

必ず100%腕にコリがある、という事です!

今まで、これを指摘した人は、ほとんどいなかったと思いますが

実は「肩こりの原因は腕の筋肉の使い過ぎ」なのです。

人間が日常生活で一番使う部分は"人差し指と親指"です。

なので、この2つの指の間の筋肉(合谷のあたり)が最初にコリが出る訳ですね。

また重症の肩こりの人は、コリのルート上のかなり先の方まで筋肉のコリ

(筋膜のゆちゃく)が進んでいるので、背中や腰、足まで絶対に

固くなっているはず!です。

いわば肩こりは"全身の筋肉の慢性疲労病・筋膜の炎症病"であり、治すツボも全身

にある訳です。

(これを実際に体感されたい方は、当院にいらっしゃって頂ければ、いつでもお見せ

 する事ができますよ!)


2、体の歪み・姿勢の悪さ




体が歪むと、それまでよりも「余計な力」を使って体を支えなければならなく

なります。

例えば、重い箱などを持つ時も、中心で支えれば少ない力で持てますが端の方を

つかんで持ったら、かなりの力を使わないとキープできませんよね。

それと同じ事が"歪んだ体"では起こっているのです。

なので、単にコリのある筋肉を緩めただけでは(本当にキチンと緩めるのだって

実は相当難しいのですが)肩こりは治らない!という事ですね。

歪みのある方は、その"構造上、肩こりになる身体になっている"という訳です。

(これも、実際にお見せする事ができます。例えば、首の歪みを取ると瞬時に

 肩から背中までのコリが取れてしまいます。)


3、血液の循環不良による細胞の酸素不足




つまり「冷え」る事による血液の循環不良によって起こる、という事です。

手足が冷たい、冷え症の方、体温が低い方、のぼせのある方

(頭ののぼせも冷えの一種です。)

などは血液の循環が悪いため、触ってみると肩や背中がパンパンになって

います。

4、目の疲れ


目を司る「視覚野」は脳の後ろの部分にあります。

ですので、目を使い過ぎるとその部分に疲労物質が溜まって(プラス神経の反射)

後頭部がガチガチになってきます。

そのコリが「筋のコリのルート」に従ってどんどんと肩や背中まで広がって

行くのです。


5、顎関節の歪み




顎関節は、全身の歪みとかなり深い関係があります。

顎がおかしい人はと、ほぼ100%全身の歪みを持っています。

特に肩甲骨の間の部分と首の横・腰・股関節あたりに出やすいようです。

(臨床ではこの部分の歪みを取ると、不思議な事に口が大きく開くようになったり、

 顎がカクカク鳴らなくなったりします。)

6、ストレスによる自律神経の機能不全


ストレスがあると(みなさん、実感があると思いますが)全身の緊張が抜けないので


当然肩こりが酷くなります。

このような方は、「歯のくいしばり」の癖があるために、後頭部や首の横あたりが

パンパンです。

(「え?俺、歯なんか普段くいしばってないよ?」という方も、夜寝ている時に

注意して見てみると、無意識のうちにくいしばっているハズです。)

これはストレスから「身を守ろう!」「頑張ろう!」とする身体の反応です。

(皆さんも、頑張ろうとする時に、歯をくいしばりますよね?あれと同様の状態が

 常に身体に起こっている訳です。こりゃー、つらいです!)

7、甘い物の食べ過ぎ(胃の悪さ)


胃が悪いと肩がコリます。

これは頚椎4番(首の骨の上から4つ目)と横隔膜を支配する横隔神経がつながって

いるためです。

胃が悪いとミゾオチの部分(つまり横隔膜のあたり)が固くなり、呼吸も浅くなって

きます。

すると自然と肩に力が入り、前傾姿勢になって身体も歪んでくる訳です。

(肩こりを起こす原因は、色々つながっているんですね。)

8、重心の狂い


重心の狂いは簡単に言えば、重心コントロールを行なっている脳の神経伝達の不良と

上部の頚椎(首の骨の上の1~3つめくらいまで)の歪みが関係しています。

たとえば直立していれば、少しくらい立っていても何ともないですが

体を右に60度ひねって、前に45度傾けた状態では5分立っているのも

相当つらいハズです。

これを同じ状態が、重心の狂った身体では起こっている訳です。

9、内臓の問題(病気の予兆として出る


内臓の重大な病変(器質的疾患)を持っている方が

どうにもならない肩コリで悩んでいるケースも結構あります。

通常の治療(鍼灸・整体)を受けているのに全然良くならない方

夜中に突然痛みが出る方は要注意です。

当院の概要
アクセス

JR新宿駅から徒歩10分 大江戸線新宿西口駅から徒歩1分


電話番号

0120-070-600


住所

〒160-0023 新宿区西新宿7-9-15ダイカンプラザ清田ビル505

----------

肩こりとは?

肩こりの原因

おしらせ

当院では月に2回の「日曜診療」を行なっております。
各日にちの担当の先生は以下になります。皆様、どうぞよろしくお願い致します。

《日曜診療》
●2015年
11月15日 宮本啓稔先生担当
11月29日 山本健太郎先生担当
12月20日 山本健太郎先生担当
12月27日 増田安寿先生担当
●2016年
1月17日 増田安寿先生担当
1月24日 宮本啓稔先生担当

《お休み》
●2015年
11月16日 宮本啓稔先生
11月30日 山本健太郎先生
12月 7日 山本健太郎先生
12月21日 山本健太郎先生  
●2016年
1月22日 増田安寿先生
1月25日 宮本啓稔先生